« 車内釣り広告 | トップページ | さいはての契約社員 1 »

2006/09/21

脳休み2

偶然、教育テレビで、
茂木健一郎という脳科学のセンセイが、
「ギャップイヤー」というものについて話していた。
センセイが大学院を出るとき就職先がなかなか決まらなかったので、
先輩から
「経歴に1日でも空白の期間があるとよくないから、研究生とか
なんでもいいからとりあえず大学に所属している形にしとけ」
といわれたとか。
日本では個人は学校でも会社でもどこかに所属してないと
社会から認められないんだなーと思ったと。
その後イギリスにてセンセイは「ギャップイヤー」というものを知る。
高校卒業した後大学入るまでに9ヶ月くらい、
どこにも所属せず、世界を放浪したり奉仕活動したり
自分のしたいことをする期間が一般的にあるんだそうだ。
あと新婚旅行に1年くらい出かけちゃうとか。
夫婦でバックパッカーとして数ヶ月外国まわったって話は
日本でもいくつか聞いたことあるなぁ。

茂木センセイによるとこの「どこにも所属しないで自分の
好きなことをする期間」って脳科学的にも大事なことなんだって。

やっぱ「脳休み」って正しいじゃん!
と勝手に自分の行動に引き寄せて解釈してしまいました。

「どっかに所属してないと社会から自分の価値を認められ
ないのか?」という疑問は、会社員になって1年くらいで
すでに頭の中でぐるぐるしていた。
まぁ私の「休み」って正確には「失業期間」で、
ほとんど何もしてなかったんだけどねー。
たとえ失業であっても、
どこにも所属してない状態って不安もありつつ
やっぱり気持ちよくもあるんだよねー。
やったことある人にしかわからない快感さっ。

|

« 車内釣り広告 | トップページ | さいはての契約社員 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/11977079

この記事へのトラックバック一覧です: 脳休み2:

« 車内釣り広告 | トップページ | さいはての契約社員 1 »