« もうちょっと幸せになれる付属品 | トップページ | みつけたよ »

2006/04/18

いつのまにか

あをなじみ更新。

ISPのメールを、今まで単純にSMTP+POP3で使っていたんだけど、
せっかくSSLとかSMTP認証とか使えるんだしと思って
Mozilla Thunderbirdで設定してみた。
なぜかしらー♪つながらない。
ISPのwebにあがってるマニュアルに雷鳥版がないので、
雷鳥には対応してないのか?と思ったのだが、
他のメールソフトのマニュアルをよく見たら、
設定しているサーバ名が違うことに気がついた。
いつのまに変わったのー?

このISPのメールアドレスって、
hoge@**.#####.or.jp
みたいになってて、**の部分のサブドメインが何種類かあって、
今まで私がしていたPOP3+SMTPの設定では

POP3サーバ、SMTPサーバ名    **.#####.or.jp
POP3認証時ユーザ名         hoge

で使えていた。少なくとも最初にマニュアルに書いてあった
通りに設定していたはず。
ところが今のマニュアルには、

POP3サーバ、SMTPサーバ名  mbox.#####.or.jp
POP3、SMTP Authユーザ名    hoge@**.#####.or.jp

と設定するって書いてある。
サーバが、サブドメイン関係なく統一されたらしい。
そのため、認証のユーザ名は@より右も全部書くようになっている。
今でも、ただのPOP3とSMTPは古いほうの設定で使えているので、
まったく気がつかなかったよ。
どっちも使えるようにしておいてくれたISPの気くばりが
裏目に出たのかもしれない。
いやー、たまにはマニュアルも見てみないといけないなー。

と反省すると同時に、自分の仕事でも、
設定変更したらユーザーへの周知はきちんとやらないといけない、
と実感。
ちょこっと周知したって、今回の私みたいに気がつかない人間もいるし。
だいたいそういうとき、私たちはシステム側の変更作業に追われて
周知にまで手が回らない状態だけど、
本当はユーザーに滞りなく使ってもらうまでが作業のうちなんだよなー。
頭ではわかっててもなかなか行動にうつせないけど。


|

« もうちょっと幸せになれる付属品 | トップページ | みつけたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/9644308

この記事へのトラックバック一覧です: いつのまにか:

« もうちょっと幸せになれる付属品 | トップページ | みつけたよ »