« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

姓は大怪獣、名は

年末年始に実家にいたときに、
水戸まで往復する用事があって、片道1時間半のヒマつぶしに、
ノートPCのSonic Stageに入っていた音楽のデータを適当に
MDに転送して列車(電車じゃないのよディーゼルなのよ)の中で
聴いた。
その1枚のMDに入れるのに選んだのが、木村カエラシングルCD集と、
加藤和彦の昔のアルバムの復刻CDたったのだが、
その後しばらくして、
サディスティックミカバンドの3代目ボーカルに木村カエラ
という話を聞いて、
すごいぜ私の予知能力!ととりあえず自分の中だけで自画自賛。
今回のミカバンド復活は、キリンビールのCMの企画モノだからCDが出る
のかもよく知らないんだけどね。

初代のミカバンドはそんなに聴いたことないのだが、
2代目桐島かれんのときはちゃんとCDを聴いてたので、
たぶん、歴代ボーカルの中で、カエラが一番歌がうまいんじゃないか?
とつぶやいたら、「そりゃあそうでしょう」と相方が答えた。
そもそも当時の加藤和彦の妻のミカさんをボーカルにすえた
初代ミカバンドのころは、バンド自体が練習をろくにしない
でステージに立つようなヘタクソな上に世の中をなめくさった
バンドだったという話。
いまやバンドのメンバーはそれぞれ立派なミュージシャンだけどなー。

私がまともにsaku sakuを見始めたのが、ちょうどカエラちゃんが
番組の企画として「Level 42」のCDを限定で出した頃だったので、
メジャーデビュー後どんどんどんどん売れていくさまを思い出して
いるともう「すげえなー」としかいえません。
デビュー前から企画を練って、狙って売り出されたタレントじゃない
のに、人気が出たのがうれしいな。
コストパフォーマンスいいぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/24

サイズ展開のナゾ

あをなじみ更新。
無印良品の婦人衣料で、たまにあるLLサイズを買って着てみると、
ほかはともかくバストがきついものが多い。
千趣会のLLサイズを買うとそんなことはなく、肩とかゆるいこともある。

で、調べてみました各メーカーのサイズガイド。


バスト |70 80 90 100 |
--------+-----------------------------------+
無印良品| +--S--+ |
| +---M---+ |
| +--L--+ |
| +-LL--+ |
| +-3L--+ |
--------+-----------------------------------+
ユニクロ| +-XS--+ |
| +--S--+ |
| +--M--+ |
| +--L--+ |
| +-XL--+ |
--------+-----------------------------------+
千趣会 | +---S---+ |
| +---M---+ |
| +---L---+ |
| +--XL---+ |
--------+-----------------------------------+
|70 80 90 100 |

なんかかえってわかりづらいなぁ。
しかし、とにかく無印良品のLLサイズは小さい。
千趣会は通信販売だから、サイズ展開を細かくすると
在庫管理とかが大変だから、ひとサイズの許容範囲が
大きくなってるのだろう。
「9号」とかいわれるサイズ展開の基準は、JISかなんかで決まって
るんだけど、SとかMとかLLとかは決まってないみたいだし。
それにしても、無印良品のLLサイズにはLLを名乗ってほしくないね。
その上に3Lがあるからってことなんだろうけど、
無印で3L置いてある店舗って数少ないし、行ってみたけど
3Lサイズの商品はひとつも見つからなかった。
しかも無印3Lのバストの最大はは千趣会LLのそれよりも小さい。
デブにきびしすぎるよ無印良品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

正しくつっこめる幸せ

月曜日の夜からいきなりDVD鑑賞してしまった。
相方が出してきたのは「スパイダーマン2」。
1を見ないでいきなり2からだ。
おもしろかった。
スパイダーマンの活躍のシーンはわりとどうでもよくて、
主人公の日々の生活のイケてなさが身につまされつつ
笑えるというか。
クモ男装束(主人公の手作り)をふつうにコインランドリーで
洗濯したら、靴下やシャツに色移りしちゃった、とか。
おばさんの家に置いてもらっていたコミック本を、
おばさんが勝手にだれかにあげちゃったというシーンは爆笑した。
本(とくにマンガ)たくさん持ってる人にはありがちな話なんだもん。
私はそういう目にあったことはないが、相方は経験あり(笑)。

それ以外にもスパイダーマンになってないふだんの主人公は、
常になんかもやもやもやもやしていて、それが非常に見てて楽しい。
相方なんて「スパイダーマンのシーンはいいから、こういう青春ドラマ
部分をTVで見たい」と言っていた。

そうそう敵は「Dr.オクトパス」なので、映画公開時から「たこ博士?」
と言ってた私はすっかりタコ扱い。
たこ博士がずしんずしんと歩いてくる音が聞こえるたびに「タコキター!」
スパイダーマンが現れると「クモキター!」
ヒロインMJがラストで教会からウエディングドレスで逃げてきたときには
「××キター」などと2ちゃんねる実況板の真似(実況板よく知らんけど)
してみたりして、とにかく気楽に楽しんだ。

……しかし、作った側が意図したところでちゃんと笑えるってことは、
うまくできてるってことなんだよねー。
映像がどうとか気にしなくても、というか気にならないし、CG使ってない
シーンがちゃんとおもしろいもん。
コストパフォーマンスよろしゅうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

誰がやるっていわれても

とある日曜の夜。
「ビフォーアフター」を見たあと、チャンネルをぷちぷちとかえていたら、
「プ。なにこれ」と笑ってしまった画面があったので、手を止めてよく見た。
なんということでしょう。「CASSHERN」ですかこれは。
あの宇多田ヒカルの夫が監督したという。
まだ始まって10分くらいの時点だと思うのだが、
拝啓背景のCGが超平面的でカキワリみたいな上に、
実写との合成がヘタなのか、人間がうきまくり。
まるでCG絵に写真を切り張りしたみたいだった。
次のシーンで、寺尾聰の博士とミッチー(及川光博)が出てきた。
相変わらず遠景のCGにまるで奥行き感がないのだが、
ミッチーのキャラクターと演技は、こういうマンガちっくな絵柄に
ぴったりはまっている。
すばらしいぞミッチー!
ほかの役者さんはどうしてもふつうの映画ノリの演技なので、
マンガの中にとけこめず、浮いちゃってる。

ここまであまりに笑えたので相方の部屋で二人でつっこみつつ鑑賞。
タツノコの原作(?)アニメを知ってる人間には問題外だと思うが、
それを差し引いても、さらにストーリーはあきらめても、ミュージックビデオ
とか作ってた監督が一番得意なはずの映像もひどい。
5分間の音楽PVとか15秒のCMなら許せる安易な構図や安っぽい効果も、
1時間以上連続で見るにたえないってことがわからんのかい。
CGもセットも素人の私にもわかるしょぼさだったけど、逆にキッチュにまとめる
センスさえあればおもしろい映像になると思うのに、そのまんまだよ。
あれだけマンガちっくなんだったら、人間も実写じゃなくてアニメに
しちゃえばよかったのに。ミッチー以外。
あーでも、寺尾聰の博士(?)、あれはきっと、ダイワハウスのCMで
顕微鏡のぞいて「友人をお招きしているんだよ」と言ってる博士で、
しかも記憶が80分しかもたないのねー。
と寺尾聰+博士つながりで遊んでみたりした。

相方とつっこみまくってたときにふと思い出した、
甲田益也子めあてでDVDを買った手塚眞監督の映画「白痴」のほうが、
映像ぜんぜんよかったなー、と思った。
手塚眞もCMとかミュージックビデオ作ってた映像作家(?)という点では
宇多田の夫と似てると思うけど、キャリアの違いをさしひいても
映像センスの差が歴然
まぁ「白痴」は新潟に大規模なセット作って、空襲シーンでは
ほんとにセットを燃やしたりしてたから、予算も違うかもしれんが。

今、日曜洋画劇場のwebページで「あらすじ」見たら、最初に
大戦は50年も続き、と書いてある。
そこの設定だけちょっと手塚版「白痴」に似ている(パクリ?)。
だから「白痴」を思い出したのねー。
こんどプロジェクターでちょっと大きい画面にして「白痴」見ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築

あをなじみ更新。

自分の部屋の収納スペースが小さい上に、ルミナスラック以外の
本棚をみんなばらしてしまったので、衣類は散らばり、本は
ダンボールに入ったまま。
前のアパートではクローゼットの中につっこんでいた、
無印良品の丸紙管ラックを上方向に増築することにした。
でもこの丸紙管のパーツ、以前はどこの無印にも置いてあったのに、
今は近所では吉祥寺の西友の無印にしかおいてない。
紙管は軽いけど棚板が重くて、吉祥寺から持って帰るのは
なかなか難儀だ。
増設に必要なパーツの種類と数量はその場で計算したが、
不足も余りもでず、私の腰あたりから目の高さくらいまで
増設がばっちり完了。

あぁ、あと去年の暮れに、オーブンをのせている「ルミナスラック」を
同じく上に伸ばそうと買ってきた(やはり吉祥寺の西友で。なぜだ…)
パーツは放置したままだった。
それでそのパーツに足の小指をぶつけて爪がちょっとめくれて血が出て…
と大変だったんだ。
怪我がそこそこなおってきたところでこちらも増設。もう爪めくるのイヤだし。
ルミナスとかエレクターとかのふつうの(どこでも売っている)棚板って網状だから、
電気オーブンをのせたら足が小さいのではまってしまってうまく設置できない。
下に板をしきたいけど、オーブンの下は熱くなるから、木の板は危険だし。
ちょうどいい金属板ないかなあ。
こんな具合に家具の高層化進行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

甘酒をつくる

あをなじみ今年2回目の更新。とほほ。

「もやしもん」を読んで発酵とかにさらに興味がわいたので、
甘酒を作ってみた。
酒かすをお湯でとくやつじゃないよ。
米麹を使ってコメのでんぷんを糖化するのだ。
近所の西友で常時なにげに乾燥米麹が売ってるので、
いつかは作ってみようと思ってたんだよね。
○材料
米麹200グラム(ひと袋)
白米ごはん200グラム

○道具
土鍋(無印良品で以前売っていた耐熱陶器土鍋の小。
おろしたてだったので、ついでに「土鍋の使い始めにおかゆを煮る」
をやった)
保温調理器(シャトルシェフ)の外鍋
温度計

○作り方
米麹の袋に書いてある作り方では、いきなりごはんと麹を混ぜて
60度のお湯でのり状にしてそのまま保温とあったが、
webで少々調べてみたところ、まずおかゆを作ってから
麹を混ぜるという作り方が多かったためおかゆを作る。

もち米を使ったほうが甘くなるって書いてる人もいたけど、
気にしないで炊飯器で保温されていたごはんを使用。

まず、ごはんに水を加えて火にかけておかゆにした。
米粒がふやけるまでぐつぐつ煮て、蓋をしたまま60度に
冷めるまで放置。コンロの上で約1時間。
この後保温時に、中途半端に温度が下がると、
乳酸菌が元気になってすっぱくなるかもしれないと
知り、麹投入前にしっかり殺菌しようと思った。

温度計で測ったら、おかゆはまだ70度ほどあったが、
気にしないで米麹をまぜてかき混ぜたら、あっという間に
60度。蓋を開けるとすぐ冷めるから計算済み。

この後は、コタツで保温というのが定番みたいだが、
うちではシャトルシェフを使用。
内鍋は使わず、外鍋に土鍋をそのまま入れて蓋して保温。

調べた中には保温水筒に入れてた人もいたけど、
温度が下がったときに再加熱するのが大変そうだったし、
付属の内鍋を使うと、これまた再加熱のときに
火にかけるしかないが、それでは麹菌が死んでしまう。
外鍋+土鍋の場合、
たまに温度チェックをして、だいぶ下がっていたら、
お湯を沸かして外鍋と土鍋の間の空間に注ぐ。
土鍋だから熱湯の高温が直に中のものに伝わることは
ないので、麹菌に影響が出にくいと思った。
実際、熱湯を注いでから温度計で土鍋の中の温度を測ったら、
50何度くらいだった。
それから2度ほど温度チェックをして、お湯を熱湯に取り替えた。

米麹の袋の解説では、12時間から24時間保温すれば
完成、とあったけど、6時間後くらいになめてみたら
もうだいぶ甘かった。
12時間保温状態で置いて、完成。
やたーうまくできたー。
今回は土鍋おろしの目的で、水を多めに入れたせいか、
3倍とかに薄めるとあんまり甘くないので、1.5倍くらいに
希釈して飲んだ。
うまくやればもっと甘くなるかもしれないけど、私はこれで
十分だなー。

天然酵母パンつくりの経験で、温度管理はけっこう上手に
できたと思われる。
保温調理器の外鍋+小さい土鍋を使ったのも
我ながらいいアイディアだったぞ。
昔から「理科がわからないと家庭科は難しい」と思っていたし、
家庭科教師の母も同じことを言ってたが、食べ物関係は特にそうだな。
まぁ今回は袋の作り方どおりにしてコタツで保温してても
うまくできたのかもしれないけど。
菌の力はすばらしい、と実感いたしました。

この甘酒に、冷蔵庫に入っているホシノの天然酵母パン種とか、
ドライイーストがうっかり入っちゃったら……法に触れるから気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »