« かもしてもらってます | トップページ | どんどんだめになっていく »

2005/12/22

情報伝達手段

職場の"まっくみに"にMacromediaのStudio8をインストール。
たぶんDreamweaverしか使わないでしょう…
しかし、今Flash勉強中で夢中な人が身近にいて、
Flashでこんなこともできてあんなこともできて……と、
すっかりFlashマンセーなので、ちょっとイライラ。
私はweb page作成するにしてもできるかぎりFlashを使いたくない。
もちろん一番の理由はアプリの使い方を学ぶのがめんどくさいから
なんだけど、めんどくさいと思うってことは、絶対必要なものだと
認識してないんだよねーFlashを。

私はけっこうインターネット原理主義者(何だそれ)なので、
たとえ無料であっても、プラグインを入れないと表示できないweb pageは、
個人の趣味ならいいけど、大勢の人に見てもらいたいサイトには
不適切だとと考える。
Flashに夢中な人から、Flashでもテキスト表示できるしとか、
画像もこんなふうに動かして表示できるしとか言われても、
ああそれ簡単なのなら昔Javaでやったなーと思うだけだし。

Flashをあんまり評価してない理由がもうひとつ。
たとえば、Flashでテキストも表示したとして、そのテキストは
ちゃんとHTMLに展開されていて、
主に視覚障害者の使う読み上げソフトとかで読めるのか?
読めればいいけど。
ブラウザの標準機能じゃないってことは、こういう意味で見る人
を限定することもあるってことだから、できるだけ使いたくないの。

Flash夢中な話の最後は
「HTMLでもFlash使ってても、見やすければそれでいいんですよ」
という結論?でむりやりまとめたけど、
「私に見やすいweb pageだからって誰にでも見やすいわけではない」
ということを考えてwebコンテンツ作らないとね。
webの目的の基本って情報伝達なんだから、その情報を必要としてるのに
得られない人が出ちゃうようなコンテンツ作りはよくないでしょ。
最初っからグラフィックとか写真とか動画とかだけを見せたい!って
目的だったら仕方ないけど、その意図がわかるようにせめて但し書き
くらいは文字で書いといたほうがいいよなー。

個人的にFlashにはまるのは自由だし、作り方を勉強するのは
ものぐさな私にはできないことで、えらいよなーとは思う。
でもそれを職業にする場合は別。
原理主義者だからか、どうも私は初めっからwebデザイナーって職業の人は
あんまり信用できない。もちろん例外はあるだろうけど。
出版とか紙媒体での編集とかレイアウト経験があるとか、
ソフト開発でユーザの使い勝手をちゃんと考えたことのある人が
「webの」デザイナーとしては適してるんじゃないかと思っている。
webデザインで大事なのは「かっこよさ」じゃなくって、
画像であってもテキストであっても情報をいかに的確にできるだけ
大勢の人に伝えるかってことなんだけど、そこまで理解して
webデザインやってんのかな?
あ、一番伝えたい情報が「かっこよさ」って場合もあるけどね。

話を聞く限り、今webデザイナーになりたい人むけ社会人スクールなんかで
育成されてんのは、ただのアプリ使い。
専門学校ではちゃんと情報とか広告デザインの理論的な授業
やってるのだろうか。よく知らないけど。

スクールとかでアプリが使えるようになって、中身はともかく見た目は
かっこいいブラウザでみえるもの(Flashムービーってそういうもの)を
作れる人は増えたし、
こういうweblogとか使って誰もが「情報発信」できるようになったからこそ、
Flashバリバリページとか見ると、素人くさいと感じるようになってしまった。

いいの少数派だってことはじゅうぶんわかってるから。
でもやっぱりパブリックなwebサイトにFlashはイラネ。

|

« かもしてもらってます | トップページ | どんどんだめになっていく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/7710087

この記事へのトラックバック一覧です: 情報伝達手段:

« かもしてもらってます | トップページ | どんどんだめになっていく »