« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/27

身につけるものなのだ

職場で退職者の使っていたノートPCが隣の席に置いたままになっている。
早いもの勝ちで使えると言われたんだけど、
あんまり使いたいと思わない。
その主な理由は「でかい・重い・無線LANが802.11bしか使えない」などと
機能的なことだが、それ以上にどうも妙にあのPC限っては、
あまり使いたくない気がする。
なんでだろう、と考えてみる。

今までそのPCがどのように使われていたのか、よく知ってるからこそ
自分では使えないんだなー。
質量が私の使っているVAIO TR2/Bの2倍くらいあるのに、前使用者は
毎日のように家に持ち帰っていた。
私のVAIOもそうなんだけど、職場の同僚より家族より長い間、
一番そばに存在するものだったわけだ。
持って帰ってどう使っていたかなんて想像したくないけど。
失礼は承知で言ってしまえば、
なんかいろいろしみこんでそうな気がしちゃうんだよねー、
物理的なものも、そうでないものも。
逆に、どんなに汚れてても、誰が使ったかわかんないPCだと、
私は割と平気で使えてしまう。汚れは掃除すればだいたい落ちるし。
なによりも、どんな風に使われてたか想像できないから。

つまり、古着屋さんで買う古着は着られるけど、知ってる人がずっと着てた服
(作業着とかじゃなくてTシャツとか)を、洗濯したから着てね、と言われても
戸惑ってしまう、みたいな感じ。
確かにパソコンって衣類に似てるなー。特にノートは下着に近い気がするぞ。
パンツとはいわないが。
身につけるもの、なんだな。

こんな感覚、妄想小僧な私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/20

粉ものにいやされる

あをなじみ更新。
そんなわけで(何が)小学校1年生のときのように、
毎朝「学校行きたくないー」とぐずる日々。
小1の頃はほんとに親から「休むの?どうするの?」と聞かれても
ぐずぐずと答えないで、登校班に先に行ってもらって後から登校、
ってよくやってたな。今もほとんど同じ。

あ、でも今は休みませんよ大人だから。

最近ジャムとか炊飯器パンとか手作りしてるが、こないだ
ついに天然酵母のパンを作成。
手持ちのちっちゃい電気オーブン(レンジ機能なし)に
発酵がついてるので、何年かに1回はパンづくりしてたんだけど、
前は生地を20分こねるって死ぬほど大変だった。
しかし、最近炊飯器パンの生地を20分こねてみたら、
思ったより大変に感じなかった。
むしろあのパン生地のやわらかい感触が気持ちよかったー。
しかも、こねあがりが割とむらなくきれいにできるんだよね。
発酵させてもちゃんと膨らむし。
別にどこで練習したわけでもないのに、上手になっている。ふしぎ。
昔作ったときと比較しても、西友で売ってる強力粉使ってるし、
賞味期限を若干過ぎたカルピスバターとか、ごく一般的な
ドライイーストとか、条件はほとんど変わらないんだけどねー。

こね上手になったのは、たぶん腕力と握力がついたってこと
だろうなー。
会心のできのパンができたら写真を撮って載せよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

デフォルトなオレ

職場の、私の隣の席だった人が先月退職した。
そして一人少なくなって今月が始まったわけだが……。
私の仕事量が1.5倍(体感)くらいに増えたよー。

C言語とかでswitch文ってのがある。
仕事の頼まれ方をその構文にすると外注で地位が一番下な私は、
default:
なのだ。

今までは、

switch(仕事){
case A:
いろいろ
break;
case B:
あれこれ
break;
case C: ←やめちゃった人
こまごま
break;
default: ←オレ
残りもの
}

だったんだけど、Cがなくなったので、
switch(仕事){
case A:
いろいろ
break;
case B:
あれこれ
break;
default: ←オレ
残りもの
}

となったら、当然defaultに落ちる量は増えるよな。

今月始まるまでは、
「人がひとり減る分はみんなで分担してやりましょう!」
なんて言ってたけど、今まで、誰でもできるけどみんながなんとなく
面倒でやりたくない仕事をやってたのが、Cの人とdefaultの私。
ほかの人が急にそんな仕事を率先してやってくれるようになるわけがない…
まーなんというか、C担当の仕事のうち、割とおいしいものは上のほうの人が
先にとっていくので、defaultにおちてくるのはやっぱり雑用なのさっ。

# しかし、もうすっかりswitch文の書き方忘れていた。
# プログラムはもう絶対書けないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

アスパラガスを食べると……

アスパラガスを食べた後のおしっこって独特のにおいがする。
アスパラを食べたときだけ。
他人にこの話をしても誰も同意してくれない。
気づいてないだけなんじゃ?と思っても、まさか「このにおいだよ」って
かいでもらうわけにもいかないしねー。
で、さっき「アスパラガス 尿」(ストレートすぎ)でぐぐってみました。
あーやっぱり同じ人いるじゃん。
思ったとおりアスパラのなんらかの成分の代謝物質のにおいらしいのだが、
それがなんだか正確にはわかっていないそうだ。
それに、アスパラ食べても別ににおわない人もいるみたいで。
webを見ると、アメリカでは「アスパラを食べるとおしっこが臭くなる」っていうのは
割とよく知られてるみたいだから、白人に多い遺伝的なものなんだろうかねー。
それとも単に日本人よりアスパラをいっぱい食べているから?

私もにおいますって人、あなたは仲間だ。
そんなの知らないって人も、アスパラ食べた後トイレでにおってみてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自作してみた

あをなじみ更新。
連休中にやりのこした仕事(?)のひとつ
「実家からもらった夏みかんでマーマレードふうのものを作る」
を実行。
またまた以前の「天然生活」を見て、
皮むいて輪切りにして砂糖と赤ワインで煮た。
全然マーマレードじゃない。
気長に煮詰めていたら、すべてがワイン色に煮えていく中、
みかんの袋だけが白く残るのがいまいちなので、とりのぞいた。
そしたら「天然」の写真のようにはならず、
赤黒いぷるんぷるんした煮こごりみたいなものができた。
夏みかんのペクチン(ぷるぷる成分)おそるべし。
味見すると、皮を入れてないので柑橘の香りは全然しないし、
口に入れてしばらく甘酸っぱい間はいいが、後味が超苦い。
大人の味とかいうレベルじゃなく。
罰ゲームみたいなものを作ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

しっぽり連休

あをなじみ更新。
今日はひさしぶりの夜更かし。
この連休はずっと阿佐ヶ谷から出ていない。
ほぼ引きこもり。
天気はいいし、洗濯物を干すスペースが広くなったので、
20キロくらい洗って干して洗って干して。

洗濯物を干すとき、庭の芝生の雑草もチェック。
毎日見てるのに次々生えてくるぞ。
雑草でも花が咲くのは残して、それ以外は引っこ抜く。
労せずして花の咲く庭にするのだ。

室内では、得意技の断線で使用不能だった
先代ヘッドフォン(オーディオテクニカATH-AD7)が直ったので、
買ったばかりのHi-MD対応ウォークマンとか、
ノートPCにつないで音楽を聴いたりしている。
いろいろ聞いた結果、今の気分はオザケンの
「夜と日時計」。
10年前に仕事やめてアパートでぼーっとしていたときにも、
よく聞いたなあこの曲。
なんだかひきこもりの心にしみる歌だ。

実は、興味が外向かないのは確かなんだけど、
CSで「20時間まるごとスタートレック」やってるから
つい見てしまって、出かけそこなうだけだったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »