« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/22

ごほうび

仕事中いきなり不動産屋から携帯に電話があって、
敷金けっこう戻ってきそうだよ。
汚いことは汚いけど、掃除したし、破壊したってわけではないし、
前のアパートを引き払った際も数万円戻ったので、不思議ではない。
でも、敷金の話をすると、
「返ってきたことは一度もない」という人ばかり。
不動産屋とか、大家さんによって違うんだろうけど、
期待していて、戻らないときのダメージはでかい。
ということで、額もまるで予想つかないし、敷金の戻りは
つとめて期待しないでいたのだ。
不動産屋によると、台所の床とかキッチンセットの側板とか補修するらしいが、
大家さんと折半で、半額負担すればよいとのこと。
ごあいさつもせずに逃げるように去ったけど、大家さんいい人だ。
というか、阿佐ヶ谷近辺は、ちゃんとアパートの敷金が戻ってくる
土地柄なんじゃないかなあ。
それに、家賃は相場でまちまちだが、似たような間取りのアパートなら
クリーニング料金はだいたい同じだから、
家賃が安い=敷金も少ないアパートなら、当然戻りも少ないか、ゼロになるかもね。

やれやれ、身も心もすりへらしてやっと明け渡せたアパートから、
ごほうびをもらう気分だよ。
マッサージの回数券でも買おう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/20

引越しグランドフィナーレ その2

前のアパートは引き払えたが、新居が箱だらけで居住スペースがほとんどなくなってしまった。

私は食器をいっぱい持っているのたが、今回部屋にいっぱい昆虫がいたらしいのを
知った同居人は、仕事を休んだくせに、新居に運び込んだ私の食器をひたすら洗っている。

しかも私が自分の仕事を終えてから電話してみると、あきらかに寝てるのに、
私が帰ってきた後に、私の目の前で食器洗いを始めるのだ。
本人は意識してなくても、私にとってこれはイヤミ以外のなにものでもない。
私が持ってきた食器なんだから、私が洗うよ!
だから、疲れて帰ってきている私の目の前で、私が「洗って持ってきたから」って言ってる
ものまで洗わないでほしいよ。
一応、「今洗ったってしまうとこないんだから、箱に入れたままでいい」って言ったけど。

というわけで、家に帰ってもストレスたまる一方です。
気の休まるヒマもない。
寝てるときだけが安らげるので、
荷物の解梱しないといけないのに、すぐ寝ちゃう。
家出したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越しグランドフィナーレ その1

引越し、というか前のアパートの鍵をようやく返却することができたー。
17日13時に返す約束なのに、16日の時点で荷物は残ってるし掃除は全然してないし。
朝5時に可燃ごみ出しに出向く。
それからひたすら新居に荷物を持っていって、掃除機で床掃除。
お昼くらいから同居人さんに手伝ってもらって主に掃除をやってもらう。
部屋はまあましだったけど、台所の床汚すぎ!あと流しの下に某昆虫の落し物が!
新築で入ったから大丈夫と思っていたんだけど、
木造アパートの1Fはやっぱり虫が入りやすいのねー。
前は2Fだったからわからなかったよ。
午後に、今無人の親所有ボロマンションに、宅急便で12箱送る。
ゴミはまだまだ出たので、日曜早朝5時くらいから、自転車の両ハンドルに
ゴミ袋ぶらさげて、新居にゴミ輸送。

しかし、結局二人で徹夜しても終わらなかった。
まあ掃除はだいたいしたのだが、鍵返却の時間が近づいても、
なんか箱に入れづらい荷物がごろごろ。
よれよれになりながら玄関の外に出して積み上げる。うわーゴミ屋敷みたい。

やっと部屋を空にしてふと気づくと、もう13時過ぎている!
あー、じゃあもちょっと掃除してみようかなーとのんきにしてたら、
14時になっても誰も来ない。
不動産屋に電話した。
……アポ入ってなかったみたい。ひどい。
「台所の引き出しに鍵を入れて、あけたままにして出てください。あとからお部屋
見に行きますから」だって!信じられない。

同居人は昼前に宅急便受け取りに行ってしまったので、一人で泣きながら
積み上げた荷物を運ぶ。
もうボロボロ。

家に帰ってきた同居人に「荷物の運べる大きいタクシー呼べないかなー」と提案
して、webでワゴンタクシー持ってる会社を調べて電話してもらったが、全部だめ。
それでも同居人は荷運びを手伝ってくれそうにないので、よれよれになりながら
また一人で荷運び。
……なんかこのままでは死んでしまうような気がしてきた。

「ワゴンでなくてもいいからタクシーにたのんで何往復かしてもらって
運びたいから手伝って」と提案。やっと動いてくれたよ同居人。

実はもう新居にも荷物を運び込むスペースがないのだが、
とりあえずアパートと新居間をタクシーで4往復ほどして、
残りちょっとは私が台車で運び、なんとか荷運び完了!

しかし喜ぶ余裕が残っていなかった。
新居玄関前(通路)にならべた荷物をばらして家の中に入れなければならず。
すでに17日午後くらいには、腰を中心に全身痛くてつらかった。
筋肉痛はふつう翌日以降に来るものだが、私の場合土曜早朝から働いていたので、
日曜の午後に来るのは確かに正しい。

そして翌日、身動きできないかと思いきや、日曜午後よりも筋肉痛が回復しているぞ!
ちょっと遅れたけどちゃんと出勤して働きましたとも。
ところが同居人は、腰が痛くて身動きできず仕事を休んでしまった。
す、すみません…
(その2に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

おならで月まで行けたらいいな

あをなじみ更新。

仕事で月例報告書ってのを書く。
先月のはじめのことなんてもう忘れているので、自分で勝手につけてる
備忘録みたいなのを参考にして、なんとか書く。
月が替わったらすぐ書けばいいんだけど、とにかくこれがめんどくさくて、
いつもなんとなーくこのへんかなーという提出期限が迫るまで書き始めない。

内容もつまんないし。登録しましたとか抹消しましたとか。

それとは全然関係なく、ひさしぶりに「小沢健二」でぐぐってみた。
いままでまったく目にとまらなかった、「ポンキッキーズ」で
小沢が歌ったという
「ブーブーブー、おならで月まで行けたらいいな」
みたいな歌が(番組内で歌ってただけなので、タイトルも歌詞も定かでない)
ツボにはまった。

よし!これから月報のことを個人的に「おならで月まで行けたらいいな」
と呼ぼう。
決して人前では口にしないけど、心の中でそう呼ぶだけで、
ちょっと気持ちが軽くなる。

ほんとにもう、屁みたいなもんです。提出書類なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

春は休日快速に乗って

阿佐ヶ谷駅を通過します。
うちにはまだ春が来てないわ。
あをなじみ更新大爆発。

職場近辺でこぶしの花を見かけることが多い。
通常こぶしのほうが開花が早いと思ってたんだけど、今年はハクモクレンとほぼ同時な感じ。
この2類の花、よく似てるけど、じっくり見てみるとだいぶ印象の違う花だとわかった。
ハクモクレンの花のほうが大ぶりで花弁も厚く、満開の様子はまるで白鳥の群れのよう。
それに対してこぶしの花をひとつひとつよく見ると、花弁は薄く透き通るようで、
とっても繊細。満開に咲いた様子もどこか清楚。
世間は花見シーズンに突入しているみたいだけど、今なぜか、白い花がとってもきれい。
こぶしとハクモクレンのほか、ユキヤナギもきれい。

なんで世間の人は桜(というかその下での宴会)にばかり気を取られるんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »