« おならで月まで行けたらいいな | トップページ | 引越しグランドフィナーレ その2 »

2005/04/20

引越しグランドフィナーレ その1

引越し、というか前のアパートの鍵をようやく返却することができたー。
17日13時に返す約束なのに、16日の時点で荷物は残ってるし掃除は全然してないし。
朝5時に可燃ごみ出しに出向く。
それからひたすら新居に荷物を持っていって、掃除機で床掃除。
お昼くらいから同居人さんに手伝ってもらって主に掃除をやってもらう。
部屋はまあましだったけど、台所の床汚すぎ!あと流しの下に某昆虫の落し物が!
新築で入ったから大丈夫と思っていたんだけど、
木造アパートの1Fはやっぱり虫が入りやすいのねー。
前は2Fだったからわからなかったよ。
午後に、今無人の親所有ボロマンションに、宅急便で12箱送る。
ゴミはまだまだ出たので、日曜早朝5時くらいから、自転車の両ハンドルに
ゴミ袋ぶらさげて、新居にゴミ輸送。

しかし、結局二人で徹夜しても終わらなかった。
まあ掃除はだいたいしたのだが、鍵返却の時間が近づいても、
なんか箱に入れづらい荷物がごろごろ。
よれよれになりながら玄関の外に出して積み上げる。うわーゴミ屋敷みたい。

やっと部屋を空にしてふと気づくと、もう13時過ぎている!
あー、じゃあもちょっと掃除してみようかなーとのんきにしてたら、
14時になっても誰も来ない。
不動産屋に電話した。
……アポ入ってなかったみたい。ひどい。
「台所の引き出しに鍵を入れて、あけたままにして出てください。あとからお部屋
見に行きますから」だって!信じられない。

同居人は昼前に宅急便受け取りに行ってしまったので、一人で泣きながら
積み上げた荷物を運ぶ。
もうボロボロ。

家に帰ってきた同居人に「荷物の運べる大きいタクシー呼べないかなー」と提案
して、webでワゴンタクシー持ってる会社を調べて電話してもらったが、全部だめ。
それでも同居人は荷運びを手伝ってくれそうにないので、よれよれになりながら
また一人で荷運び。
……なんかこのままでは死んでしまうような気がしてきた。

「ワゴンでなくてもいいからタクシーにたのんで何往復かしてもらって
運びたいから手伝って」と提案。やっと動いてくれたよ同居人。

実はもう新居にも荷物を運び込むスペースがないのだが、
とりあえずアパートと新居間をタクシーで4往復ほどして、
残りちょっとは私が台車で運び、なんとか荷運び完了!

しかし喜ぶ余裕が残っていなかった。
新居玄関前(通路)にならべた荷物をばらして家の中に入れなければならず。
すでに17日午後くらいには、腰を中心に全身痛くてつらかった。
筋肉痛はふつう翌日以降に来るものだが、私の場合土曜早朝から働いていたので、
日曜の午後に来るのは確かに正しい。

そして翌日、身動きできないかと思いきや、日曜午後よりも筋肉痛が回復しているぞ!
ちょっと遅れたけどちゃんと出勤して働きましたとも。
ところが同居人は、腰が痛くて身動きできず仕事を休んでしまった。
す、すみません…
(その2に続く)

|

« おならで月まで行けたらいいな | トップページ | 引越しグランドフィナーレ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/3778596

この記事へのトラックバック一覧です: 引越しグランドフィナーレ その1:

« おならで月まで行けたらいいな | トップページ | 引越しグランドフィナーレ その2 »