« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/22

回れ!現金ぐるぐる回れっ!

あをなじみささやかに更新。

こないだ、某高価な買い物のうちの一部を振り込みした。
四百数十万円。親から借りた金なんだけど。
親がまた、私の郵便局の口座に入れてくれたので、
「ゆうちょ→銀行の振込みってできたっけ?手数料はいくらくらい?」
とさっぱりわからなかった私は、素直に現金を出して自分の銀行口座に
入金してから振り込もうとした。

ところが、郵便局のATMって一度にお札が100枚しか出せないのだ。
あー遅刻しちゃうよーと思いつつ(ゆうちょATMは朝7時からやっているので朝おろした)、
必死に4回お引き出し。引き出すたび、ATM横に備え付けの封筒に入れた。
しかしこの封筒がまた!「まち」がないどころかサイズ自体も小さくて、
ピン札じゃない万札を100枚入れるともうぱんぱん!
てな感じで、札でぱんぱんの封筒(一部万札はみ出し)を4つもかばんに入れて、
そのまま出勤、こわい、こわすぎる!

その日は都心で仕事の日。振込みするにはこの日しかない。
通常の職場は歩いていけるところに銀行ないし、9:00〜18:00勤務だから
自分のお金をおろすだけでもお金がかかる。
お昼にびくびくしながら現金かかえて、銀行(というかキャッシュコーナー)へ。
一応振込先と同じ銀行に口座があったので、そこへ入金。
やっぱり200枚までしか入りません。入金も2回くりかえし。
そして振込み。まぁ、相手先の口座名とか出てくるから間違ったりはしないけど、
やはりドキドキするなあ。

そして、12月にわたしのゆうちょ口座に振り込まれた多額の現金は
3ヶ月ほどとどまってあっという間にほとんどなくなってしまった。

いやーわくわくはしなかったけどドキドキしたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

今日こっそり歌ったうた

ハメハメハ(曲名なんだったっけ?)from みんなのうた
♪風が吹いたら遅刻して 雨が降ったらお休みだ
地震があったからもう来ないかも

復興の歌/ゲルニカ
♪築こう明日をー焼け跡にー
いっそのこと全部焼いてしまえばいいのか。

大油田交響曲/ゲルニカ
♪北の果てーサハリン われらが誇り大油田
ほんとにサハリンには油田がありますな。
でもサハリンを「北の果て」と表現する「本土」とはいったい?

ゲルニカの歌い手は戸川純。かれこれ20年前の録音だから声が若いな。
作曲の上野耕路は今「ファンタジックチルドレン」というアニメの音楽をやってるらしい。
本当は現代音楽の人だと聞いたが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

健全に絶望

あをなじみ大量更新。

地震の影響で電車が遅れた上、自宅では雨だったのが職場付近では雪になっていた。
遅延証明をもらって路線バスで職場に向かったら、聞いてたCDからタイムリーに、
フリッパーズ・ギターの「奈落のクイズマスター」が流れてきた。
この曲、PVの大半がバスの中なので、路線バスに乗ると思い出す。
そして、

 雪がそっと僕を包み
 僕はだんだん眠たくなる

というような歌詞もあり、かなり状況にはまっていた。

全体にズンドコの雰囲気の歌なんだけど、私は聞いているとみょーに気持ちよくなる。
ズンドコだけど、悲しくないみたいな。
どうしようもない、終わる終わる終わるすべてが、でも自分は消えない、
生きて何かしつづけないといけないという状態で、人は悲しい気分になんかならないよな。

なんてこと考えているヒマもなくバスを終点で降りて、超寒いので職場に向かって小走り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

全員姑になった日

新築マンションの内覧会というのに行ってきたよ。
ちょうど一年前にも友人の内覧会に行ったのだ。
まさか1年後に自分のに行くことになるとは。
実物を見たときがっかりしないように、頭の中でイメージを縮小しつづけて
いたので、思ったより広くてよかった。
でも、最後にデジカメで撮影したら、狭くてあまり後ろに下がれないせいで、
できるかぎり部屋全体を撮影しようとしても、壁しか写らずやや悲しい。

ネットワークもちょっと情けなかった。
このマンションはUSENの100M共有で、一世帯に1本カテゴリー5(推定)
が来ていて、そこからハブで分配して各部屋の壁に配線している。
(と、部屋の見取り図から推定された)
内覧会で、玄関の靴箱の中のブレーカーの入っている箱の蓋をあけたら、
「BUFFALO」って書いてあるハブ(たぶん安いスイッチングハブ)がー。
とほほー。
電気関係の人にきいたらこのハブは買取で家の一部なので、
取り替えられないこともないらしいが、詳しくはUSENに聞かないと不明。
あと各部屋の壁に来ているケーブルがカテゴリー6になってるかどうか、
質問するの忘れた。
スイッチ取り替えられたら家の中はギガで通信したいな。
私はギガで通信できる機器は持ってないんだけど。

1年前の友人の家の内覧会のときも、フローリングの傷だのなんだの、
他の部屋の人の何倍も手直し項目をあげた私たちだが、
今回もあれこれあれこれ質問して、施工会社の人が「えーそんなところまでー」
とかなり渋い顔をしていたのがおもしろかった。

いや、でも実用に影響はないながらも結構な問題(?)も見つかって。
フローリングが一部だけ3ミリ沈んでいた…
水準器まで用意して行ったので、「ほら、ここがナナメに!」ってばっちり指摘。
私ら畑は違うけど、一応エンジニアっすから!あ、私は偽だけど。
内覧会の醍醐味を堪能させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

いまだ丁稚(昔の管理者はその2)

その昔、ネットワーク管理の世界って徒弟制度だったんですよ。
けっこういろんなところで何度も書いてますが私。
まず、師匠のところに弟子として入門するんです。
師匠のおめがねにかなわないと、どんなすばらしい学歴でも技術を持ってても、
弟子にはなれないんですよ。
で、最初はとにかく下働き。
下働きをこなしながら、ちょっとずつ管理の仕事に近づいていきますが、
師匠は手取り足取り優しく教えてくれたりなんかしません。
自分で勉強しつつ、師匠がやってる小技を見て盗むんです。
あと、毎日毎日ネットワーク運用の現場にいると、トラブルの原因とか、
解決方法が経験からなんとなくわかってきたりします。
とにかく師匠は絶対。
しかし、その師匠にも師匠と呼ぶ人がいて、その上にもまた師匠の師匠の師匠が…
てな感じで、徒弟制度のピラミッド構造ができています。
ワタクシ貝柱は、誰かの弟子にはならぬままここまで来てしまいました。

以前働いていた○○キーっていう会社の管理者さんも、こわかったなー。
でも私が働いている間に、その管理者さんのところに若手が一人入ったので、
ある人が管理者さんに「ついに弟子をとったんですか?」ときいたら、
「ん、丁稚」と答えたそうな。

そういう意味では貝柱は10年間ずっと丁稚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

そんな季節

あをなじみおととい更新。っておい。
3日前、今度住むマンションのまわりをうろうろしていた。
今住んでいる近辺も細い路地だらけだが、今度のとこはもっと古い建物が多くて、
どこへたどり着くのか不安になりそうなあやしい路地があちこちに。
そんな路地には必ずといっていいほど、猫がいっぱいいる。
30分くらいしか歩いてないはずだが、猫10匹くらい見かけた。
そしてめずらしいことに、その猫に足元すりすりされること2回。
なんかうまそうなにおいでもしたか?

と、よく考えてみたら、そろそろ猫の活動が活発な時期じゃありませんか。
きっと、人にすりすりするというより、自分のにおいを何かにすりつけたかったのね。
あのときやたら猫が複数で出没したのも、追い掛け回したりしてたからか。

今朝、出勤の支度をしていたら、外から猫のあやしい鳴き声がしていた。
あーやっぱり季節に入ったんだなー。
毎年、この寒いのにがんばるなーと思ってたから。
寒いけど人間もがんばろう。
いや、そういう意味じゃなく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

小さくないし救いようもない

あをなじみ近況だけなのに大量更新。
今回のタイトルは木村カエラ「happiness!!!」を元ネタにしました。

今現在仕事が忙しいわけではないんだけど、
あー、また1年同じ仕事か〜(契約更新できるようだ)とか、
同じ仕事って言っても、大嫌いなヘルプデスクの
仕事をなにげに増やされている!また増やされるかも!とか、
先行きいいかんじではない。
これじゃ自分のことばかり考えているみたいだけど、その通り(笑)!

でも、自分のことを考えればこそ、職場のシステム的問題とか、
いっしょに仕事する人それぞれの長所短所とか、
全体を有機的に理解しようとしたりするものでは?
他人に関心のない人、他者を理解できない人、
ものごとをシステム的に見られない人は、
「ちゃんとした仕事」できてないよ。
いろんなところで見てきたよ。

私みたいに不安定な立場の人間にとって、ちゃんとした仕事が
できないのは致命的なことだ。
だから自分のことだけ考えると、他者も全体も観察し評価を下さざる
を得なくなる。

……ん?毒舌のいいわけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »