« そんな季節 | トップページ | 全員姑になった日 »

2005/02/10

いまだ丁稚(昔の管理者はその2)

その昔、ネットワーク管理の世界って徒弟制度だったんですよ。
けっこういろんなところで何度も書いてますが私。
まず、師匠のところに弟子として入門するんです。
師匠のおめがねにかなわないと、どんなすばらしい学歴でも技術を持ってても、
弟子にはなれないんですよ。
で、最初はとにかく下働き。
下働きをこなしながら、ちょっとずつ管理の仕事に近づいていきますが、
師匠は手取り足取り優しく教えてくれたりなんかしません。
自分で勉強しつつ、師匠がやってる小技を見て盗むんです。
あと、毎日毎日ネットワーク運用の現場にいると、トラブルの原因とか、
解決方法が経験からなんとなくわかってきたりします。
とにかく師匠は絶対。
しかし、その師匠にも師匠と呼ぶ人がいて、その上にもまた師匠の師匠の師匠が…
てな感じで、徒弟制度のピラミッド構造ができています。
ワタクシ貝柱は、誰かの弟子にはならぬままここまで来てしまいました。

以前働いていた○○キーっていう会社の管理者さんも、こわかったなー。
でも私が働いている間に、その管理者さんのところに若手が一人入ったので、
ある人が管理者さんに「ついに弟子をとったんですか?」ときいたら、
「ん、丁稚」と答えたそうな。

そういう意味では貝柱は10年間ずっと丁稚です。

|

« そんな季節 | トップページ | 全員姑になった日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/2876382

この記事へのトラックバック一覧です: いまだ丁稚(昔の管理者はその2):

« そんな季節 | トップページ | 全員姑になった日 »