« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/28

昔の管理者は厳しかったよね

ネットワーク管理者のことです。
何回も書いてる気がするけど、昔のネットワーク管理の世界って、
職人さんたちのギルドみたいな感じだったよなー。
私はニセ技術者なので、あまり昔のことは知りませんが。
でも就職してコンピュータいじるようになったころはまだ、
「インターネット」って世間の人は誰も知らなかったころだった。
インフラ的にも、社内のイーサネットが10Base-Tになって
「便利になったよねー」みたいな。
当時私は、未経験で入った怪しいプログラマーとして働いてたのだが、
UNIXのオペレーションとかネットワークにも興味があったのね。
一応自主的に勉強してたんだけど。
(↑仕事も今の5倍は忙しかったのに、えらいな昔の自分)
でも、よくある各部署の「詳しい人」が集まる「ネットワーク管理委員会」
から相手にされなくて。
でも、「しょうがないんだ自分には技術がないから」と思わざるを得ない
ほど、管理者は怖い存在だった。
会社に来たメールをどこかに転送しようと思って.forwardを書いた
けど、それが間違っててループでもさせようもんなら、即刻アカウント停止。
昔のことだから、ファイルサーバの容量もちっちゃくて、
でかいファイルを置こうとしようものなら(置けないんだけど)
内線電話がかかってくる。
こわかったなー。
今考えると、管理者の好みによってポリシーが決まってて、理不尽に
規制されていた部分もあるけど。

今の管理者さんは、そこまで怖くないし絶対的でもない。
まあ、たまーに昔ながらの人もみかけますが。
昔を知っていて修行をつんでやっと管理者になった人が、
自分の師匠のように厳しく怖く管理しようとしても、
ただの素人って、とんでもないこと言い出すし、わがままだし理屈通じないし、
でも自分より偉かったりするし、ぜーんぜん絶対的に振舞えないんだよね。

昔みたいにネットワークを知る人たちだけで寄り合いってわけでもなく、
コンピュータネットワークのインフラが普及しまくったおかげで、
話の通じる管理者は、あっちにぽつん、こっちにぽつんって点在するだけだし。
別にネットワークがつながってれば距離は関係ないか。

ギルドに恐れをなしていた昔がちょっと懐かしい。
この項続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/25

おちぼひろい

あをなじみしつこく更新。

今まで書いたことのフォロー。
売る気あるのか
向こうに売る気はなさそうだけど、こっちに買う気はあったので、買いました。
あのとき紹介してもらってない化粧水とともに。
「鈴木」を見た日に、午前中から家を飛び出して、
表参道の裏っていうか裏原のもっと奥にある行きつけの美容院
「ビューティみのしま」(仮名)で髪の毛を切ってもらって、帰りに新宿京王へ。
あ、こないだの美容部員がうろうろしている!
とりあえず声かけた。もうしょっぱなから「買いますから」と言ったら、
またいろいろ説明してくれた。化粧水も手の甲に塗って使い方を説明。
相変わらずなんかいまいちかみあわない会話ではあったが、
もうあのカウンターでは買いたいものを買うだけにすればよし!


お疲れちゃん

青色発光ダイオードの中村さんの和解の金額は確かに安いと思う。
裁判相手の日亜化学はかなりたちが悪いらしい。
何かの展示会だか見本市だかの会場で、自社が正しいと主張したビラを
配ったりして、来場者の苦笑をかってたとか。
でも、中村さんも腹立ち紛れに記者会見で
「こんなんじゃ優秀な技術者は日本からいなくなりますよ。
みんなアメリカ行っちゃいますよ。アメリカはいいですよアメリカ!」
みたいなことを言ってて、思わず「子供かよ!」とつっこんでしまった。
だから、開発とか発明した技術への対価とかそういうレベルじゃなくて、
もっと低いレベルでどっちもどっちな気がするんだよなー、あの問題。
中村さんにはその技術者にとって良い国アメリカで、ぜひもっともっと
ビッグな発明をして大もうけしてもらいたいですね。
つうかちゃんと結果を出さなきゃクビでしょ。それがアメリカ式じゃないのか。

マックスコーヒーショート缶
あの日成田駅前の自販機で始めて見た。100円だった。
あの極甘のマックスコーヒーだけに、ショート缶はありがたいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/24

やっと見た鈴木

土日まるまる空いていたので、TVをしっかり見られて満足。
土曜の朝は「建物探訪」→「ケロロ軍曹」
そして
日曜の早朝、ずっとずっと見ようと思いつつ見逃していた、
「鈴木タイムラー」をやっと見ることができた。
テレビ朝日で日曜朝4時15分から。
新聞テレビ欄ではただ「鈴木」とだけ書いてある番組。
数年前、土曜の夜の楽しみだった、MXTVの「テレバイダー」
がびみょーに復活したのだ。
出演者が、数減ってるけど同じだし。
ビデオ録画予約しようと思いつつ、そのまま寝てしまったのだが、
運良く3時半くらいに目が覚めたので、TVを10チャンネルにして
うつらうつらしながら開始を待った。
きゃー、金剛地さんだー!
いや金剛地さん自体はCMとかで見てますが。
エプソンの「オフィリオ」のCMに出てくるメガネの人。
確かミュージシャンだったはずなのに。
その日みた「鈴木」では「うまくいかない合コンを告発」とか言って、
堂に入ったレポーターぶり。
テレバイダーのころと比べると、だいぶカツゼツよくなったなあ。
でもナレーションは坂本知子さん(MXTVアナウンサー)じゃないとなあ。
スタジオが津島さん一人じゃなー、寺田椿ちゃんもいないと。
などとしみじみ見て、終了したらまた寝た。
「鈴木」を見て思ったのは、「テレバイダー」って結構予算の
かかった番組だったなあということ。
なんたって生放送だったし。出演者多いし、ちゃんとロケで取材してるし。
帯番組ながら、某氏が「おそらく予算は月100万円くらいじゃないか」と
推定していたサクサクを毎日見てるので、
なおさらテレバイダーの贅沢さがわかってきた。
「鈴木」にも低予算なりの良さを発揮して、がんばってほしいものだ。
私もがんばってまた見るよ、録画して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声に出して読みたい日本語(?)

SunのNetra t1というマシンに、FreeBSD(sparc64)をインストールしようと
してたんですわ。
Netraにはディスプレイつなげられないので、シリアルつないで作業してた
んだけど、どうもターミナルの設定がうまくいかん。画面が崩れる。
しかも文字化け。
インストーラーの画面を囲む記号が化けちゃって
陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳陳
と表示された。
そのとき、私は本当に何も考えてなかったらしく、
その文字列を思いっきり声に出して読み上げていた
他に誰もいない部屋でよかったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/22

黒の大小

あをなじみまたまたまた更新。

ななめ向かいの家で、黒い大きい犬(ラブラドール?ボクサー?)と
黒い小さい犬(たぶんパグ)を飼っている。
私が朝出勤するのに家から出てくると、
散歩のため庭に出されたらしい彼らが門扉の中からわんわんわんわん吠えてくる。
最初は遊んでほしいのかな?と思っていたのだが、
私が玄関から出て、気配がするだけで、「うー」といううなり声が聞こえてくる。
毎日ここから出てくるんだからいいかげん覚えろよなー。
といっても覚える気はないらしく、飼い主もまだ家の中みたいで何も言わない。
最近ちょっと慣れてきたのか、そんなに吠えなくなり、無視して通り過ぎると
恥ずかしくなるのか「私が吠えてるのはあの人じゃないですから!」とばかりに、
小さい犬が大きい犬に挑みかかってじゃれている。
なんだ、やっぱりかまってほしいんじゃん。
私が彼らに吠えられるのもあとちょっとなので、こんど吠えられたときに
記念に写真を撮ってみよう。
飼い主も出てこないから遠慮しなくていいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/21

こえました

あをなじみまたまた更新。
1月20日の朝にチェックしたら45000すぎてました。
キリ番はいったいだれがとったのだろう。
あをなじみのほうにはとくに告知してなかったから、あをなじみだけ読んでる人
が踏んで、申し出ないのかもしれないなー。
カウンタの数字もぢみだから、気づいてないのかも。
人じゃないかもしれないし。
もし、ここを見てたら、勇気を出して知らせてください。

さあ次は46000めざしてがんばるぞー。
昨年2月なかばくらいからカウンタチェックをはじめた(アクセス解析とかしてないので)
のだが、それ以来から720くらいしか増えてないのであった。
次のキリ番は来年夏くらい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

まだ若いんだから

あをなじみ更新しました。
キリ番の話題を出した、らとたんにカウンタが増えなくなった。
キリ番とるのを避けるかのようだ。悲しい。

うーん、細木数子の言うことに賛成っていう(自分より)若い人がいるなんて……
まあいっぱいいるだろうけど。
うちの母親ですら細木数子のいいようを見て、
「まあこの人はずいぶん古臭いこと言うのねえ」と感想をもらすのに。
あ、そういう親に育てられたから「古い考え」がいやなんだな。

「男を立てろ」って考えに賛成する男って、つまり「自分を立ててくれ」って
思ってるってことでしょ?
そんな男をたててやろうとは私は思わんね。
むしろ私のことを男だ女だと思わずに尊重してくれる男性に対しては、
私も自然に相手を尊重するね。

でも最近女もラクしたいからって、ファッションの流行も保守的な男ウケする
ものになってきてるし、若い人のほうが反動的なのかも。
女は「結局古い考えの男を適当にあしらったほうがラク」という結論で、
ひとまわりして戻ってきた感があるが、男はどこをまわったわけでもなく、
古い考えをそのまま受け入れているだけに見える。
そのほうがラクだもんね。

「考え方が古いから」ということで思考停止するな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/01/17

マックスコーヒーショート缶1本分の幸福

亡父の一年祭の帰り、成田に立ち寄って高校の同級生3人と会った。
4人のうち2人がおかあさんになっていた。
自然、子育て話に花が咲く。
私は子育てしたことないけど、身内に育児雑誌の編集していた人はいるし、
これだけwebが発達してくると、知らない人の子育て記録を見る機会も増え、
おかあさんたちの話を聞いても、
「へーなるほどー」というより「やっぱりそうなんだー」というネタが多かった。
子育てのあれこれはだいたい似通ったものだけど、
わかってるからって大変じゃなくなるはずもなく、どのご家庭もそれぞれ
すんごい大変そうなのだ。
その中でも「あー自分には子育て絶対ムリだー」と思ったのは、
毎日やらなきゃいけないことがてんこもりにあって、
余計なことを考えるヒマがないという話を聞いたとき。
私は日頃考えていることの90パーセントくらいは余計なこと(雑念)で、
残り10パーセントで、仕事とか生活に必要なことを考えている。
すごいムダだがこの比率が崩れると、確実に精神に変調をきたす。
余計なことを考えるヒマもないなんて状態になったら、きっと廃人だ。

4人でしゃべり倒したあと、一方の夫子供と合流して食事した。
こどもはこどもであるだけでかわいいし、笑うとさらにかわいい。
大変だ、イライラする、叱り飛ばしてしまうと言ってはいたが、
私の友人でもあるおかあさんの顔はまことに幸せそうだった。
そんな幸せ家族ぶりを見て、よかったねーと思いつつ、
なるほど負け犬感ってこういうときに感じさせられるものなのかなー
などと客観的に分析したりする。

まあ幸福というのは本来閉じた性質をもつものなのかもしれないな。
なんて余計なことを一生考えながら私は生きていくんだろうなーと
千葉行きの各駅停車に揺られながら思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

文系ちゃんも理系ちゃんもお疲れちゃん

青色発光ダイオードの開発者の中村さんでしたっけ、和解の金額がえらい
値切られてて怒ってましたね。
日本では技術への対価が低すぎると。
で某所でそれを「日本全国の理系の気持ちを代表してる」と
書いてた人がいたんです。
日本は文系官僚天国だがらこんな腐ってるんだとか。
でも私はこう思います。
技術への対価が低すぎるんじゃなくて、
文系理系関係なく、
大して仕事のできない人間にムダに高い給料払いすぎ
だから相対的にちゃんと仕事してる人に金がまわらない
ということなんじゃないかと。

それを単純に理系文系に分けてもあんまり意味ない。
私は就職してから仕事を覚えた文系出身ニセ技術者だけど、
正直、私より仕事能力の劣る理系出身者、いーっぱい見てきたぞ。
おなじくらい仕事できない文系の人も。
でも、いい大学出てるとか、正社員だからとか、親が偉い人とか
本人と関係ない理由で、いっぱい金もらってるやつもいるんだな。

理系だから実力本位ってわけでもない。
仕事(というか、ぶっちゃけ報酬?)の不公平は、文系と理系の間だけでなく、
ありとあらゆる職場にあるもの。
理系っちゅうか技術系で似たような仕事してても、
大企業と中小だと年収全然違うし。
あの中村さん、訴えた企業の研究所にいたとき、けっこういい年収
もらってたよねー。
私みたいなニセ技術者にはあんな収入一生ムリだ。
研究者のその頭脳と大企業の年収、うらやましー。
……結構実力本位で報酬決まってるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

売る気あるのか

ああ、昨日あをなじみ更新したのにお知らせを忘れていた。
もうすぐカウンタが微妙にキリ番(45000。少ない。1日3くらいしか増えない)です。
キリ番取った人は連絡くださったら記念品(という名の余りもの)を差し上げます。

セールで買い物しに新宿に行った帰り、京王のSK-IIのカウンターに立ち寄ったのですよ。
寄る年波には勝てないし、思い切って高価な化粧品使ってみようと思って。
製品お試し台でうろちょろしてたら、美容部員さんが「ご紹介しましょうか?」と声をかけて
きたので、紹介してもらったのだが。しかし。

顔のお肉が下がってきたので、リフトアップものが欲しい。
でも以前別のメーカーのを試したら痒くなったり赤くはれたりしたので、いきなり
購入はムリ。ということを伝えた。
その要望にあった製品を紹介してくれて、使い方も説明してくれて、
手の甲に塗らせてくれた。
でもそれだけ。
「こちら大変人気の商品でして、サンプルが品切れ状態で、サンプル入荷の予定も
たってないんですよー」
と言ったきり、黙って私の顔を見てるだけ。
私の年齢とか、肌の状態とか、全然聞かない。
これで美容部員なのか。

サンプルもらえないんじゃ肌に合うかどうかわからないし、
合うか合わないかわからないと買うこともできない。
黙って顔を見られても、私としても何とも判断できない。
検討しますとは言ったものの、次また来るきっかけが何もない。
ただでさえ敷居が高いのに。
こういうときは別の製品のサンプルでも渡して、感想聞かせてくださいとか言えば、
そのサンプル製品買うかもしれないし、少なくとも次またこのカウンターに
来やすくなるじゃん。来てほしくないのか。

もしかしたら、私がちょっとよれっとした服装をして、
いかにもセール品買いこみましたって荷物を持って、化粧も全然してなかったから、
ただの冷やかしだと思われたかな。
京王百貨店お得意様の印、パスポートカードの鳩のシールを見せてやれば
よかったかなー。

昔、SK-IIは、他のメーカーの基礎化粧品を使ってたとしても、それにプラスする形で
目的にあわせた製品を使えるようにすすめてくれると聞いたことがある。
全部SK-IIにしなくても十分効果が出るようになってると思われるので、
一品の価格が高いとしても納得いく。
そういう方針だから、次々いろんなものを買わされたりはしないというわけ
なのだが、それにしたってあの美容部員さんの態度は、売る気ないとしか思えない。
他の店のカウンター行くか、サンプルないなら、カウンターで二の腕の内側に
縫ってもらって、パッチテストしちゃうか。
それでも売る気なさそうなら、それはそれですごいぞSK-II。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/07

衝動買い

新年早々衝動買い。
おととし…じゃない一昨々年(でも12月だから約2年前)の誕生日に
もらったヘッドホンを破壊してしまったので、
ほぼおなじ仕様の後継機種を買った。
ほんとは、DVD-Rの見られるDVDプレーヤーを数千円で買うつもり
だったのに。(今うちにあるのは古くてDVD-Rを認識しない)
でもなぜかヘッドホンを買ってしまったー。しかも1万円以上したよ。
いやヘッドホンとしては安物だけど。
オーディオテクニカのATH-AD700っていうオープンエアーなやつ。
軽くて耳あたりがよくて長時間つけてても痛くならないのが貝柱基準だ。
音はまあ、そんなにこだわりはないから。

今はそのでかいヘッドホンを小さいノートパソコンにつないだり、
ポータブルCDプレーヤーにさしたりして聞いている。バランス悪っ。
私の音楽の聞き方って、気に入ったのを繰り返し繰り返し繰り返し
聞いていっしょに歌ってまるごと覚えてしまう、幼児のような鑑賞
方法(「東京こどもクラブ」方式)だから、聞きはじめたらもう、
動かない動かない。

買ってすぐ活用はしてるけど、結果は失敗だヘッドホン。
ほかのこと何もできねえ。
もちろん今も聞いてますよ、「ローラスケート・パーク」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/06

同好の志?

saku sakuでおなじみ木村カエラちゃんの初アルバム「KAELA」を
発売日(12月7日)に買ったのさ。
新星堂がカエラちゃんを大プッシュしてるので、新星堂で買ってみたら、
一緒にもらった新星堂製作小冊子がまるまる木村カエラインタビューだった。
最後のページにいろんな人の推薦文というかコメントが載ってて、
その中の一青窈のコメントの最初にこんなひとこと。
「声萌え〜」
そうだよそうなんだよ一青っち。
私もいい声が好きー。
好みもいろいろあるだろうけど、好みが同じ人(一青っち)を見つけて
うれしいわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/05

シャンプーのかほり

あをなじみ新年初更新だあ。

お風呂でも台所でも、洗濯も石けん製品を使っているんだけど、
シャンプーはなかなかこれというのに出会えない。
最近気に入っているのは、オーブリーのブルーカモミールシャンプーと、
GPBコンディショナーの組み合わせ。
webで評判見てみると、GPBはおおむねいいけど、シャンプーはいまいち。
確かに泡立ちがよくないから、ついいっぱい使ってしまって、1本を1ヶ月半で
使い切ってしまったけど。
私はこのシャンプーの香りが好きなのだが、評価によるとこの香りが嫌いな人が
けっこういて、ちょっと驚いた。青臭いとか言われてた。
このシャンプーがダメな人の好きな石けんシャンプーっていうのがたいてい、
有名なパックスナチュロンって太陽油脂の出してるシャンプー。
私は逆にパックスナチュロンがだめだった。
まず、使い心地。すすいでもすすいでもべたついて、しまいにはかゆくなる。
そして香り。私はどうもパックスナチュロンの香りが苦手。
しつこくすすいでしっかり乾かしても香りっつうか気持ち悪いにおいが残って不愉快!
でも石けんシャンプーユーザーでパックスナチュロン好きな人、かなり多い。
好みは人それぞれだよなーと思っていたのだが、最近、私はとにかく少数派
だってことに気づいた。
私は、洗っている間好きな香りがして、流したら香りが残らないのが理想。
でもなんか世の中の人の多くは、シャンプーのにおいが残ったほうがいい
と思ってるみたい。
電車の中で髪の長い人のそばによると、たいていシャンプー(またはリンス?)
のにおいがするんだけど、
たいてい甘ったるい中にちょっとすっぱいにおいが混じってて、
正直オエっとなる
みんな他人の髪からたちのぼるシャンプーのかほり、そんなに好きなんですか?
あれ、すっぱくない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »