« 超満腹の街 | トップページ | あをなじみは消えず »

2004/11/26

こんなマンションを建てたい

家じゃなくってマンションっすよ。建てたい。

今の木造安アパートに住んでもう6年にもなる。
気がついたら2階の人が男女二人暮らしになってて、男が歩くと1階のうちの
天井がばきばき鳴るのだ。
ああ、できることなら鉄筋コンクリートのマンションに住みたい。
そう思って注意して見ると、最近建つマンションって、100Mの光ファイバーひいてて、
壁にLANのコンセントついてるのがほとんど。
でもそれって、だいたい全戸で100M共有だったりする。
今の住まいは木造安アパートながら、自分で苦労して有線ブロードネットワークスの線
ひいたので、メディアコンバータが部屋の中に!100M一人で専有!
(昔聞いた話だと、ファイバの収容されてるスイッチ全体で100M共有なんだけど。
と、なぜか内部事情を知っている)
というわけで、いまどきマンションに引っ越すとネットワーク環境が悪くなる可能性がある。

もういっそのこと、メタルの線じゃなくて光ファイバが部屋に来ているマンションがあれば!
などと妄想。ネットワーク系エンジニアの住むマンションについて夢をふくらませた。
・ひと世帯1回線以上引けるように配管はばっちり
・停電時に備え、自前のバックアップ電源を持つ
・住居の床は床暖房またはフリーアクセス
・共有のサーバ室があって、ひと世帯1ラック使える
・帰りの遅いエンジニアたちのために、駅から近い
・管理人常駐(住んでいる)
・SOHOもできるように、共有スペースに打ち合わせのできるスペースがある
・共有スペースの自動販売機にはドクターペッパーとかマックスコーヒーとかガラナとか
・管理人が共有スペースでハムスターを飼っていて、激務に疲れたエンジニアの心を癒す
・屋上は緑化されており、天気のいい日は昼寝もできる
・管理人はネットワークも管理していて、かなり厳しい
・セキュリティの甘い住人のコンピュータには容赦なく侵入する
等々。
こんなマンションを建てたい。
建てるとしたら10億下らないだろうなあ。
管理人になってくれる人もいそうにない。

回線ひけるかどうかはけっこう大事だよー。
前にいた職場で、T1(1.5Mbps)回線引こうとしたら、ビルの近くに
光ファイバきてなくて、NTTに道路を掘って引いてくるしかないっていわれた。
しかたなく引っ越すことにしたものの、不動産屋は光ファイバひけるか
どうかなんか聞いてもわからないので、自分たちで歩いて探した。
すいません、当時は上司たちといっしょにそのへんのビルに勝手に
入って、配電盤とかパイプスペースの扉あけて中見たりしてました。

|

« 超満腹の街 | トップページ | あをなじみは消えず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/2073874

この記事へのトラックバック一覧です: こんなマンションを建てたい:

« 超満腹の街 | トップページ | あをなじみは消えず »