トップページ | 2004年10月 »

2004/09/28

曇り空ばかりでもあるまい

P9180012.JPG
もう10日くらい前の話だが、砧公園に行って芝生で寝ていた。
ほんとに芝生で寝るためだけに行ったようなもの。
寝ながら空の写真を撮った。
芝生で寝てなくても、電車の中でも、バスの中でも、トイレにいくときも、
かならず窓から空を見ている。
理由は不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/27

オザ*といえば?

家で惰眠をむさぼっていたら、つけっぱなしのTVから、聴いたことのある歌が。
おお、小沢健二の「愛し愛されて生きるのさ」ではないか。
カゴメのジュースのCMだったんだけどね。
古い曲だけど、TVでオザケンの歌を聴かなくなって久しいから、単純にうれしい。
20世紀の頃のオザケン好きだなー今でも。

ところで最近、尾崎豊が再評価されてトリビュートアルバムとか出てるけど、
私は世代的にはぴったりなはずなのに尾崎豊を全然知らなかった。
大学の頃、新聞で連載されてた小説に、主人公の不登校になった中学生の
女の子が尾崎豊の曲が好きって書いてあったときにはじめてその名前を知って、
「演歌歌手?なぜ女子中学生が演歌を?」と思ったくらい。
その後尾崎の歌もあまり聞かないままに、某月刊○ドカワという雑誌に
載っていた彼の対談とか、自作小説とか読んでしまい、きれいさっぱり
興味がうせた。趣味に合わない。小説なんか読むと、既成概念にとらわれ
まくっているのが見えみえで。
きっと尾崎が今生きていたらあの小説は必死にもみ消したに違いない。

小沢健二のほうも実はフリッパーズ・ギター活動期にはほとんど聴いてなかった。
当時購読していた雑誌でおしゃれな二人っつうことでとりあげられてた頃には、
別に興味なかったのだが、フリッパーズ最後のアルバムを解散後に聴いて
おおっと思って、さかのぼって聴いて、小沢ソロデビューアルバムも聴いて。
すごいベタだけど「天使たちのシーン」をいまでもしみじみ聴くことがある。

そのソロデビューアルバムを聴いたフリッパーズ時代の相方、小山田圭吾が
「あんな尾崎豊みたいになっちゃって」と言ったというのは一部で有名だが、
全然違うような気がするなあ。尾崎と小沢。
ひとことで言うと、頭のよさが。

別に尾崎の歌も(曲によっては)いい歌だと思うんだけど。
オザケンはまさに同世代だし趣味に没頭した高校時代とか背景が
似てるからか、歌詞がダイレクトに心に響くなあ。
私の文学魂に響く数少ないもののひとつだな。
あのカゴメのCMをきっかけにオザケンも再評価されるといいなー。
本人まだ生きてるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/22

切なるお願い

人がたずねていったときに、PCでエロビデオのキャプチャーするのはやめてくれええ。
自分の家でなにしようが自由だが、そんなことは一人のときにやるだろう、マナーとして。
しかしキャプチャーしてまでとっておきたいというのはもしかして秘蔵の品?
焼いたやつを貸してくれたら見てみたいかも。あくまで一人でな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/20

狭山茶どころ

サクサクでは、神奈川県や都下の市町村をテーマにしたご当地ソングを
ジゴロウが作って歌う、
「みんなでうたおう」(先日ゲストにきていたaikoにより「みんなでうた」より改題)
というコーナーがある。
なぜか最近埼玉からのリクエストが取り上げられていて、
こないだは入間市の歌(ミスチルふう)をやっていた。
そこで流れた入間市の茶畑の風景、職場の近所とそっくりだったよ。
入間は所沢のとなりだからそっくりでも全然不思議はないのだが、
TVの画面で見慣れた風景を見ると、おおっと思ってしまうもの。
思わず「茶畑はつながっとるけん」と、元ネタを誰も
知らない感想をひとりつぶやく。ちなみに諸星大二郎ネタだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/15

いつもそばにいるのは

去年11月に買ったVAIO(TR2/B)の分割払いがようやく終わる。
10回払いにもなると、完済するとなんか達成感があるな。
そんなときに、VAIOがまたまたモデルチェンジするじゃないですか。
私の持ってるTRシリーズの後継機種は、Tシリーズ?
なんか色が……青黒と赤茶ですか(あえて日本語で表現)
光学ドライブがDVD±Rになったけど、ほかの中身もそんなに変わってないじゃん。

これはあんまりほしくないな。
逆に最新機種でこのスペックなら、私はあと1年はTR2/B使い続けられる。
10ヶ月使ってスペックがさほど陳腐化してないのなら、
結果としてお買い得だったといえよう(自己満足)。

今年は消耗品扱いできる額で据え置きPC作ろう。
必要経費。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/14

朝っぱらから

TVK(テレビ神奈川)で月曜から金曜まで、朝7:30より放送の「サクサク」が好き。
先週までは終わりまで見られたけど、今週からはがんばっても前半しか見られなく
なってしまったのが残念。
毎日夜0:09から再放送してるけど、朝の放送を毎日ビデオに撮っているよ。
一応「音楽バラエティ」とは銘打ってるけど、適当にPV流すだけで、
ほとんどがMCの木村カエラ(セブンティーンモデルもうすぐ卒業)と
増田ジゴロウ(人形)その他のキャラクター(その正体は番組スタッフだが)の
とりとめのない話で構成されている。
ジゴロウの中の人(黒幕と呼ばれている)の話の内容がかなりオッサンなのに、
お父さんお母さんの世代はともかくとして、小学生とか中学高校生にまでこの番組の
ファンがいるのが不思議だ。

今朝なんか、健康診断の話をしてたみたいだけど、ジゴロウが
「萌える検査があってさ…」ときた。萌えるっていうなー。
「エコー検査っていうんだけど」
うわっ、つまりそれはあのゼリーを塗るとかそういうことが萌えなんですか?
と思ったらほんとにそうだった。
しかも、エコーの画面を見るためか照明は暗いしカーテン閉められちゃうし、
検査技師のお姉さんのゼリーを「たらす」手際だけが異常にうまくて、
「うわー、これ店?」と思っちゃったよ!とジゴロウ。

朝も7時35分くらいから小学生も見てるっていうのにそんなこと語るなよ!

……こういう番組だからこそ好きだ。
しかもこの番組、別に生放送じゃなくて録画。
こんな朝にふさわしくない話を編集でカットしないあたり、TVKのスタッフはすばらしい。
もしお宅のTVでTVKが見られたら、見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/13

スパムおにぎり

スパムおにぎりを作ってみた。
ハワイの日系人の考案したおにぎりなんだそうだ。
SPAM(Hormel社製ポークランチョンミート)はすごくしょっぱいけど、おいしい。
あの迷惑なメールのspamも、このSPAMが語源といえば語源。
でも直接にはこのしょっぱいSPAMをネタにした、モンティパイソンのコントが
spamの語源みたい。
それ以外にも、UNIX周辺とか昔ながらのインターネット・コミュニティの人たちは
モンティパイソン好きが多いらしい。
ネーミングとかにモンティパイソンネタ多いんだって。

なぜに伝聞形かというと、モンティパイソン好きの知り合いがそう言うのだ。
なかなかそういうカルチャー的な部分って、わかりにくいよなー。
昔ながらのUNIX使いとか開発者とかの言動を見ると、ヒッピー文化的なものも
感じられるし、「指輪物語」を読むと、「NetHackで出てくるアレはコレなのか!」
と思ったりするそうだ。やったことないんだけどNetHack。
そんな私にモンティパイソン好きは、「これが例のspamの元ネタのSPAMのコント」
と解説しつつ、DVDを見せたりする。
失われつつある伝統芸能の教育をされている気分になる。

スパムおにぎりには、海苔をまいたほうが絶対いいぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/12

失敗備忘録

こないだThinkPadのHDD換装をしました。
OSもインストールしました。
IBMのサイトからディスプレイドライバをダウンロードしてきて、インストールしました。
ところが、解像度をあげようとしたりすると、画面が真っ暗になって戻らない!!
…というところまではどこかに書いた気がする。このつづきです。

真っ暗→電源強制断を何度か繰り返したあと、真っ暗な画面の下をふと見ると
ハードディスクのアクセスランプがつきっぱなし
になっていました。
ハードディスクが壊れたかなあ。
しかし、新しいディスクに換装したからこそのインストールなのに、なぜいきなり壊れる?
と記憶をたどってみたところ……
換装作業の間、ThinkPadのバッテリーをはずすのを忘れていた
ノートPCなんだから電源コード抜いただけじゃ通電したままじゃん!
すいませんすいませんすいません。
明日朝一番でScanDiskだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏休みはもう終わり

いきなり終わりかよって感じですが、はじめました。

こないだ、なぜか職場でスズムシの話をしていたのだが、さっき見た
「所さんの目がテン」でも偶然、スズムシの生態についてやっていた。

スズムシのオスは交尾のあとメスに食われてしまうことが多いんだって〜。
あと、メスをひきつけるためのアイテムとして羽の下に「誘惑腺」というものがついてるんだそうだ。
人間のオスにもついてるとおもしろいのにね、誘惑腺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年10月 »